パソコンのサブモニターで変わる作業効率、必需品を使って出先で稼ぐスタイルを解説

ブログ生活
この記事は約6分で読めます。
出張時もお手軽簡単に持ち運びが可能な、
「小さく軽い」パソコン用のサブモニター、
どのような商品を選ぶべきか悩みますよね。
なるべく荷物がかさばらないように「モバイルモニター」を選ぶことで、その悩みは簡単に解決することができます。
この記事では、出張先のパソコン作業でも
「複数の画面」が欲しかった筆者が、リアルレビューを元にモバイルモニターの便利さ必要性をご紹介します。
記事を読んで頂くことで、
「出張先での作業環境の大切さ」
「モバイルモニターの必要性」がわかり、
結果的に、仕事の効率化につながることで、目指している目標(収益化)などに、近づくことができます。

モバイルモニターって何?    サブモニターと違いは?

モバイルモニターは、持ち運びを簡単にできる仕様となったサブモニターです。

大きな特徴としては、モニタースタンドが無いということ「ノートパソコン」のように、スリムに収納できることがポイントです。

カバン1つに、ノートパソコンとサブモニターを収納して簡単に持ち運びできることから、出張先でパソコンを使って仕事する人にとって、重宝するアイテムです。

サブモニターが必須になる人の特徴は?

筆者の周りで「モバイルモニター」を使っている人の多くは、副業でブログアフィリエイトをしています。
ブログアフィリエイトと聞くと、
「日記を書いて、その日記から収益を得る」
「スマートフォンでも作業可能」と、
このようなイメージが強いかもしれませんが、しっかり収益化するためには、パソコンを使った作業もとても大切になります。
また、作業内容的にもさまざまなアプリケーションを使うことになるので「ノートパソコンだけの画面では足りなくなります」
このように、副業も本格的に始めると「作業環境も満足いくものが必要になるんです」
そのため「ノートパソコン」と「モバイルモニター」は、セットで持ち歩くことが多くなります。

モバイルモニターを使う隠された理由は、作業効率の変化。

筆者は副業で「ブログアフィリエイト」を実践しています。
仕事の都合で3年前から出張生活をしています、基本的に宿はホテルに泊まることが多く、場所も転々としていました。
そのため、持ち運びがとにかく簡単なサブモニター(モバイルモニター)が、重宝したんです。
そんな生活が続くことで判明する事実があります、それは「パソコン作業の効率変化」です。
基本的に副業作業は毎日実践していましたが、
「シングルモニター」と、
「ダブルモニター」では、作業効率は2倍以上の違いが出る結果になりました。

サブモニターで作業効率が変わる理由

・作業ウィンドの明け閉め
・視覚的運動の移動距離
・一目で得られる情報量の違い

作業ウィンドの明け閉め

作業画面が小さいと、開いたファイルが重なり合うことから「作業ウインドの明け閉め」が必ず必要になります。
本来、画面が広く「作業ウインドの明け閉め」が不要だった場合、この繰り返す作業がどれだけ無駄な時間を使うか容易にわかります。
しかも、この一連の作業は「集中力」をなくす原因にもなるので、パソコン作業ではやっていけない「NG作業の1つ」です。

視覚的運動の移動距離

ウインドの明け閉めによる、画面情報の変化は「視覚的運動」にも悪影響します。

毎回、立ち上げ直す情報をその都度確認する、これを何百回と繰り返すことになるので、単純に作業していて目が疲れます。

副業作業で「集中したいポイント」は、他にもたくさんあるので、そちらに集中できるように自分で工夫したいものです。

 

一目で得られる情報量の違い

画面に移す情報量が多いことで、1度に得られる情報量が増えます。

これはそのまま、時間の短縮につながるので作業効率をあげたい人は必須になります。

こうした、細かな理由が積み重なり、

「作業効率が落ちて」

「結果的にストレスに変わる」

 

毎日の積み重ねが大切になる仕事は

「モバイルモニター」を使うことがとても重要になってきます。

 

 

出張用バックに入る小さなサブモニター おすすめ商品に求めた条件

筆者がモバイルモニターを選んだポイントは。

・安価すぎない

・高価すぎない

・重さと大きさのバランス

・操作が簡単

・カバータイプでスタンド機能付き

モバイルモニターに求めた条件は、
このような内容になります。

 

 

小さいサブモニターを選んだポイントを詳しく説明します

☑ 出張先に持っていけるサイズ(15.6インチ)重量(570g)

☑ サイズ、重量共に、パソコン用リュックに収まり、とにかく軽量化を求めました

☑ 出張先のホテル内の作業を考慮して、カバーがスタンドになるタイプを選びました(作業スペースが狭いことから)

☑ パソコンのサブ&拡張モニターとして使用予定なので、少し大きめの画角が必要でした

☑ スマートフォン(GALAXY NOTE)のミラーリングとして使用予定(C to C、付属ケーブル使用予定)

☑ iPad をモニター出力して使う予定(変換アダプタ、変換ケーブルが必要)

 

使用環境によってケーブルなど変わるので、端末や接続ポートなど、よく調べてから購入する必要があります。
今回、モバイルモニターの買い物は
私の場合、付属品も込みで

3万円以下で商品を揃えることができました

 

モバイルモニターを選んだポイントである

◯軽量

◯コンパクト

◯低価格

◯スタンド不要

◯使用端末の種類

と、求める条件を整理しておくと
迷わず選ぶことができるので、納得した買い物ができます。

そうすることで、コストパフォーマンスに優れた、良い商品と出会えると思います。

 

筆者がモバイルモニターを使い続けて思うことは、【とにかく時間効率が変わること】

副業で早く収益化を目指している人は、無駄な時間をかけないように、

【モバイルモニターを使って最短で収益化を目指しましょう】

タイトルとURLをコピーしました