ブログ初心者のための無料ブログプラットフォームガイド:収入を目指すなら

ブログ生活
この記事は約17分で読めます。

多くのブログサービスが存在しますが、どのサービスを使えば収益を上げることができるのか、気になる方も多いでしょう。

 

1. ブログを始めたいけれど、次に何をすべきかわからない
2. 収益を生み出せるブログプラットフォームを見つけたい
3. 主婦でも始めやすい、無料のブログサービスを探している
4. ブログサービスの特徴、利点、欠点を把握したい

 

収入を得ることを目指すと、数あるブログサービスから適切なものを選ぶのは容易ではありません。

 

楽天ブログ、はてなブログ、アメブロなど、気軽に読めるサービスもありますが、収入を得ることを考えると、選択肢はより慎重になります。私自身、収益性を重視してWordPressを選んだ経験があります。

 

このガイドでは、特に主婦の方々が収入を得るために適したブログサービスの選び方や、各プラットフォームの特徴、メリット、デメリットについて丁寧に解説しています。

 

 

 

【解説】収入を目指すブログ作成ならWordPressが最適

ブログサービスは個人が自由に情報を発信できるプラットフォームです。

 

 

無料ブログとWordPress(有料ブログ)の違いについて

無料ブログは、日々の生活や趣味に関する内容で読者の興味を引くことがよくあります。このタイプのブログでは、Googleアドセンスや楽天市場などの広告が表示されることがあります。

「広告が目立つな」と思うこともあるでしょう。無料ブログでは広告の種類や配置に多くの制限があり、これらは自由に設定することができません。さらに、使用可能な広告はプラットフォームの規約によって限られています。

加えて、無料ブログに表示されるアドセンス広告からの収益は大半がブログサービスの運営会社に属するため、ブロガーが直接収益を得ることは難しいのです。

 

 

 

主要な無料ブログプラットフォームとその広告ポリシー

| プラットフォーム名 | 利用可能な広告 |
|—|—|
| 楽天ブログ | 楽天アフィリエイト専用 |
| Amebaブログ | Ameba Pick専用 |
| note | Amazonアフィリエイト専用 |
| はてなブログ | はてなの広告が表示される(有料版では削除可能) |
| Livedoorブログ | なし(広告ポリシーの詳細はプラットフォームによる) |

 

 

 

無料ブログプラットフォームの概要と特徴

【楽天ブログ】
楽天ブログは、楽天が運営する無償のブログサービスで、かつては有料オプションもありましたが、現在はすべての機能が無料で提供されています。サーバー料金が不要なため、追加の費用をかけずにブログを開始できることが最大の利点です。しかし、収益化に関しては楽天アフィリエイトプログラムのみ使用可能で、他の広告手段を導入することはできません。

 

・メリット
1. 初心者でも簡単に扱うことができる
2. 初期投資不要でスタート可能
3. 完全に無料で運営できる
4. 楽天市場へのリンクが収益向上につながりやすい

 

デメリットは、楽天のサービスや商品に焦点を当てたブログ内容が多く、楽天以外のユーザーを引き付けにくい点です。

・デメリット
1. 収益化の手段が楽天アフィリエイトに限定される
2. SEO対策が弱いため検索表示に不利
3. デザインの自由度が低くカスタマイズに制限がある

 

 

 

【Amebaブログ】

Amebaブログは、芸能人や特定の分野に特化した専門家に好まれるブログプラットフォームです。このプラットフォームは、芸能人のみならず、海外での生活やファッション分野に焦点を当てた長期的なブログを多く提供しており、それらは幅広い読者層に受け入れられています。

例えば、「この記事で紹介された服を買ってみたい!」と感じる時、記事の直下に広告が配置されていると、すぐに購入ページへと進むことができますが、Amebaブログでは広告からの収益はプラットフォーム側に帰属してしまいます。そのため、ブロガーが直接収益を得るのは難しい状況です。

広告掲載は「Ameba Pick」のみ可能で、広告オプションは限定的です。

・メリット
1. 初心者でも手軽に始められる
2. 初期投資不要でコストを抑えて運営できる
3. 運営コストが一切かからない
4. Googleのガイドラインに抵触しやすい内容(病気の治療や保険情報など)も扱いやすい

・デメリット
1. ランキングに載らないと記事の露出が低い
2. Googleアドセンスからの収益は運営者が獲得
3. 検索エンジンでの表示が弱い
4. 利用可能な広告がAmeba Pickに限られる

 

 

 

【note】

「note」は画像、音声、動画といった多様なコンテンツを投稿できるプラットフォームであり、自分の商品やサービスを展示・販売するのに適しています。

・メリット
1. 有料コンテンツを販売することができる
2. ユーザーからの寄付機能が提供されている
3. アカウントの開設が無料

・デメリット
1. アフィリエイトプログラムを利用できない
2. ページのカスタマイズ可能性が限定されている
3. 自身のサービスの販売に特化して設計されている

 

 

【はてなブログ】

「はてなブログ」は、「楽天ブログ」や「Amebaブログ」と同様に無料で使用を始めることができます。また、有料プランの選択肢もあり、有料版を利用すれば独自ドメインの設定が可能です。

・メリット
1. 無料で始めることができ、初期費用がかかりません
2. 運営コストが不要
3. 有料版を利用すると広告制限が緩和されます

・デメリット
1. 利用可能なアフィリエイト広告が限定されています
2. はてなの規約違反が原因でアカウント停止の可能性があります

 

 

 

無料ブログで収益を上げるのは困難?

ブログを始めて副収入を目指すものの、無料ブログプラットフォームだけでは稼ぎづらい現実があります。単に記事を書くだけでは、期待する収入には繋がらないことが多いです。

 

・収益化が難しい理由

1. Googleアドセンスの申請ができない
2. アフィリエイト広告の使用に厳しい規制がある
3. ブログサービスの運営企業が倒産する可能性

ブログでの収益化には、Googleアドセンスの承認が非常に重要です。アドセンスは「独自ドメイン」を持つユーザーのみ申請を受け付けており、この独自ドメインはネット上での固有のアドレスとして機能します。物理的な住所が必要な配送と同じく、アドセンス申請にも独自ドメインが必要です。

 

さらに、アフィリエイト広告の利用制限も収益化を困難にしています。世界情勢が変わることでブログサービスの運営会社が閉鎖される危険もあり、長期に渡り構築したブログが消失するリスクも考慮する必要があります。

このようなリスクを回避し、安定した収入を得るためには、WordPressのような自由度の高いプラットフォームでのブログ運営が推奨されます。

 

 

 

ワードプレスの選択がもたらすメリット

・迅速なブログ設立プロセス
ワードプレスを用いたブログの設立は、簡潔な3ステップで完了します。

 

1. ドメインの取得
2. サーバー契約
3. ワードプレスのインストール

これらの手順は、パソコンやスマートフォンを使用して約10分で終わります。特に時間を要するのは、「ブログ名」や「ドメイン名」の選定です。これらを事前に決めておくと、支払い情報と合わせて迅速にプロセスを進めることができます。

 

 

 

カスタマイズの自由度

ワードプレスでは、ウェブサイトのデザインやカラースキームを自分の好みに合わせて自由に変更できます。私はプログラミング未経験から始め、ウェブデザインのコードを一から学ぶことになりました。

自習する中で情報の多さに圧倒されることもありますが、設定の変更方法が分からなくなったときにはオンラインでの検索が大変役立ちます。容易に手に入る情報と、分かりやすい解説が初心者にも優しく、これがワードプレスの大きな魅力の一つです。

これらの機能の使いやすさとサポートの充実が、初心者でも自分だけのサイトを構築できる理由となっています。

 

 

ワードプレスの維持費は想像よりも低い

ワードプレスでブログを運営する際の基本的な費用には、サーバー料金とドメイン料金が含まれます。ドメイン料金は非常に安く抑えることが可能で、主な支出はサーバー料金となります。この料金は多くの場合、月に約1,000円とされており、この金額でスタートできるビジネスは非常にコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

 

例えば、メルカリでは販売開始のために商品を用意する必要があり、YouTubeでは動画編集のスキルが求められます。また、毎月1,000円が半年で6,000円になるため、投資の回収時期を気にする方もいますが、この小さな投資が将来的に大きな成果をもたらす可能性があります。

 

 

 

ブログで収益を上げやすい

ブログの主な収益源として、アフィリエイト広告やGoogleアドセンスからの収入があります。高品質なコンテンツを継続して提供し、必要な審査をパスすることができれば、ブログからの収益を得るのは現実的です。「ブログを1年やっても5,000円も稼げない人が多い」というのは、Googleアドセンスの審査に通らない人が多いからです。

 

アドセンスの審査に合格すれば、定期的な更新が収益化につながります。収益が早く出れば、モチベーションの維持にも役立ちます。収益化を早める方法としては、「トレンドブログ」の執筆が推奨されます。これは少ない競争の中で注目されやすいトピックを選び、訪問者数を増やす戦略です。訪問者が増えれば、記事の質がそれほど厳しく問われることはありません。

 

 

 

フォロワー数がブログの成果を決めない

ブログが注目されるかどうかは、SEO(検索エンジン最適化)の効果で上位に表示されるかに依存します。インターネットで情報を探す際、多くの人は「クリスマスケーキ 即日予約」「格安SIM 比較」「洗濯機ドラム式 おすすめ」といった具体的なキーワードを使って検索します。一般的に、人々は特定のライターを求めるよりも、求めている情報をキーワード検索で見つけようとします。

 

現代ではYouTubeやInstagram、TikTok、X(旧Twitter)など多様なSNSがあり、これらではフォロワーや登録者数が収益を左右します。しかし、ワードプレスで運営されるブログでは、フォロワー数が直接的な収益に影響しません。

 

 

 

ワードプレスが適している人

ワードプレスは多くのメリットを提供するブログプラットフォームですが、特に以下のような方に推奨されます:

1. ブログで本格的に収益を得たい方
2. 小遣い稼ぎを考えている方
3. 余暇を有効活用したい方
4. 多数の読者に記事を読まれたい方
5. 自分の好みにサイトのデザインを調整したい方

ワードプレスを使用すれば、読者に価値ある記事を提供し、それが収益につながります。特に時間が限られている方にとって、ブログは柔軟に取り組むことができるため、大変便利です。私も朝の時間を活用してブログを更新しています。

 

 

 

ワードプレスが不向きな場合

ワードプレスは多くの利点を持っていますが、ブログの目的や利用スタイルによっては適さないこともあります。

向いていない方の特徴:
1. スマートフォンだけでブログを管理したい方
2. 趣味や個人的なメモとしてブログを使いたい方
3. トラブルが発生した時に自力で対処しない方

スマートフォンのみでのブログ管理は困難で、特に設定変更や画像編集などの詳細な操作にはPCが適しています。趣味や日記のようなシンプルな用途なら、無料のブログサービスが適している場合もあります。

 

 

 

ワードプレスの欠点

ワードプレスを使う際にはいくつかの欠点も考慮する必要があります。

主な欠点:
1. サーバー代の発生(月約1,000円)
2. ドメイン代が必要(価格は変動する)
3. 電話でのサポートがない
4. 定期的なシステム更新が必要
5. 更新を怠るとセキュリティリスクが高まる

ワードプレスを個人で利用する際、サーバー代が必要となり、システムの保守のためには定期的な更新が必須です。長期間放置すると、セキュリティが脅かされることがあります。もしサイトを使用しなくなった場合には、その売却も考えると良いでしょう。

 

 

 

ワードプレスブログにおける収益化手法

ワードプレスブログからの収益を上げる基本的な方法は広告収入です。この収入は大きく分けて「成果報酬型」と「クリック報酬型」の二種類に分類されます。成果報酬型は、広告経由での商品購入が完了した際に報酬が得られ、クリック報酬型は広告のクリックだけで報酬が発生します。

 

 

 

Googleアドセンスの機能

GoogleアドセンスはGoogleによって提供されるクリック報酬型広告サービスです。これはユーザーの興味や行動履歴を基にして、適切な広告を自動で表示します。たとえば、パラリンピックに関連する記事を読んでいるときに特定のスポーツ用品の広告が出ることがあります。これらの広告がクリックされると、クリック一回ごとに報酬が生成されます。このようなシステムは、実際の商品購入とは無関係にクリックだけで収益が得られるため、ワードプレスを始めたばかりの人にも理解しやすく取り組みやすいです。

 

 

アフィリエイトによる収益の原理

アフィリエイトは「成果報酬型」の収益モデルに基づいています。この方式では、ブロガーが企業の商品を紹介し、その商品が売れると売上の一部を報酬として得ることができます。例えば、「お試しセット」の紹介を行う場合、消費者は「お試しセットはどのようなものか」「価格はいくらか」「味はどうか」「解約は可能か」など、多岐にわたる情報を求めてオンラインで検索を行います。検索で上位に表示されるブログには、お試しセットの広告やアフィリエイトリンクが含まれていることが多く、これらを経由して商品が購入された場合には、ブロガーへの報酬が発生します。

 

 

 

企業広告の役割と特徴

企業広告とは、特定の企業からの広告をサイト上に掲載することを指します。これは街角の電柱に掲示されるポスターと似ており、単に広告を貼り付けるわけではなく、広告の掲載には企業からの許可や広告料の支払いが必要とされます。

このような広告からは、企業からサイト運営者へ直接広告料が支払われ、それが運営者の収入となります。

しかし、このタイプの広告は大規模なサイトや経験豊かな運営者向けであり、初心者が個人で扱うことは珍しいです。

家事や育児の隙間時間を活用して収入を得たい場合は、アドセンスやアフィリエイトといった複数の収益源を持つことが効果的です。そのため、収益化を目指すブログにはワードプレスの利用がおすすめです。

 

 

 

ワードプレスで成功する収益ブログの立ち上げ方

ワードプレスを使用してブログを開設する初めてのステップは、信頼できるレンタルサーバーを選び、契約することです。この記事では、ワードプレスのブログ設定の流れを詳しく説明していきます。

 

 

 

①サーバーの選定

安全で安定したウェブサイト運営を実現するため、自分でサーバーを構築するのではなく、レンタルサーバーを利用することが一般的です。市場には多数のレンタルサーバー提供会社が存在し、その中から選ぶ必要があります。例として挙げられるのは:

– ConoHa WING
– リトルサーバー
– エックスサーバー
– お名前.comレンタルサーバー
– ColorfulBox

 

私は以前別のサービスを利用していましたが、サイトを増やす際の制限に直面し、エックスサーバーに変更しました。サーバーの移行は専門的な知識が求められるため、初めから複数のブログを扱えるサーバーを選択することをお勧めします。ほとんどのレンタルサーバーは、月額数百円から1000円程度のコストで利用でき、初月無料やお試しプランを提供している場合もあります。

 

 

 

②ドメインの取得

インターネット上でのあなたのアドレスにあたるドメインを「https://〇〇.com」のような形式で取得します。ドメインの種類には「.com」「.net」「.jp」などがありますが、一般的には「.com」が広く使われています。無料ブログサービスを使用する場合、ブログはプロバイダのサブドメイン下で運営されますが、ワードプレスを使用する場合は自分の独自ドメインを持ち、自分のサイトを自由に構築できます。

 

 

 

③ワードプレスの初期設定

レンタルサーバーを契約した後、多くのサービスプロバイダは「ワードプレス簡単インストール」機能を提供しています。この機能を使用すると、インストールプロセスが大幅に簡単になり、手間が省けます。インストールの際には、以下の情報を入力する必要があります:
1. ブログのタイトル
2. ユーザー名
3. メールアドレス
4. パスワード
5. テーマの選択(サイトのカスタマイズのため)

利用可能なプランには「ベーシック」「スタンダード」「ビジネス」などがありますが、個人ユーザーにはコストが最も低いプランが適切です。

 

 

 

④ウェブサイトのデザインテーマを選択

ワードプレスをセットアップする前に、採用するテーマを選定します。テーマは無料のものから有料のものまで幅広く存在し、選択肢に応じて購入することもできます。

・推奨されるテーマ
【有料テーマ】
– SWELL
テーマを後から変更することは初心者にとって難しい場合が多いため、執筆活動に集中し、効率的にサイトを構築できるような有料テーマが推奨されます。有料テーマは、1〜2万円程度の投資が必要ですが、デザインの自由度が高く、機能も充実しています。

【無料テーマ】
– Cocoon(無料)
無料テーマも始めるには十分ですが、有料テーマに比べるとデザインの選択肢が限られたり、機能面で制約があることもあります。

 

 

 

⑤ワードプレスのテーマ設定とインストール

選択したテーマに基づきサイトのデザインを定めたら、次にワードプレスのインストールと各種設定を進めます。このプロセスにかかる費用は、有料テーマを適用しても20,000円以内で抑えることが可能です。

たとえば、メルカリで物を売る場合、実際に売る商品が必要ですし、イラストや他のスキルを販売する場合には、そのスキルがなければ始められません。しかし、ブログの場合、初期投資がほとんどかからずにスタートできるため、非常にコストパフォーマンスが良い副業となります。

私自身がブログを始めた理由も、「コロナ給付金を何か将来に役立つ投資に使おう」と考えたからでした。

 

 

 

【ブログ初心者向けQ&A】

Q: はてなブログの使用について疑問があります。適切な選択でしょうか?
A: はてなブログには有料のオプションがあり、これを使えば独自ドメインを設定できます。ただし、はてなブログを利用する際には、そのプラットフォームの規約を守る必要があります。規約に違反すると、一定のリスクが伴うことも覚えておくべきです。

 

 

Q: ワードプレスで日記風のブログを運営しても収益は期待できますか?
A: 日記や体験記は、それ自体が読者にとって魅力的なコンテンツになることがあります。適切な読者がいれば、Googleアドセンスなどを通じて広告収入を得ることも可能です。最も重要なのは、読者の興味を引きつける内容を提供することです。

 

 

 

ワードプレスでブログを始めて収益を得る方法

どんな形であれ、追加の収入源は非常に有益です。普段から使用している検索エンジンを活用し、ブログを通じて収益を上げる機会はまだたくさんあります。ワードプレスでブログを運営することは、まさに資産を築くことと同じです。

 

年齢を重ねると、体力の限界や健康上の問題でフルタイムやパートタイムの仕事を続けるのが難しくなることがあります。私のように「パートナーの仕事がコロナの影響で不安定になった」という事態も起こり得ます。

 

抱えている不安は、自分の行動次第で変えることができます。何も行動しなければ、状況は変わりません。

 

アラフォーで人生の折り返し地点にいるなら、変化を起こすのに早い方が良いでしょう。忙しさを理由にして始めないと、「時間がもっとできてから」と考えていても未来は変わりません。

 

行動を起こさなければ何も始まらないのです。なぜなら、ブログを始めることで収入の基盤を築くチャンスがあるからです。特にブログ初心者は、ワードプレスを使ってチャレンジする価値があります。

 

 

 

 

\ パソコン、スマホを使ったブログ以外の副業に興味がある人はこちら /
人に会わずに稼ぐネットビジネスをご紹介、主婦がこっそり稼いでる在宅副業をシェア

タイトルとURLをコピーしました